文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
市政

あなたがDVの相談を受けたら

DVを受けているのでは…と思ったら

まず、さりげなくその人の様子に注意してみましょう。

彼女がひとりでいるときなど、「何か困ったことがあるの?」「最近元気がないんじゃない?」などと声をかけてみてください。もし、暴力を受けていたら、「それはDVにあたる」と伝えて、相談窓口・専門機関などの情報を提供しましょう。

ケガをしていてもいろんな事情でDVを隠す場合もあります。そんなときは無理に聞きださず、話をしてくれたときにいつでも支援の手を差し伸べられるよう慎重に見守っていきましょう。

あなたがDVの相談を受けたときは

女性の話をありのままに受け入れ、「あなたは悪くない」「暴力をふるわれてもいい人などいない」と声をかけてください。

誰かに夫の暴力について相談することは、思っている以上に勇気のいることです。たとえ信じられない内容でも、話を否定しないでください。「あなたも悪いんじゃない?」とか「あんなにやさしそうな人が暴力をふるうなんて信じられない」といった言葉は、暴力で心身ともに傷ついている相談者を再度傷つけます。

ただ、話を受け止めるだけでも相談者を力づけることになります。

そして、相談者の意思を尊重した上で、相談窓口・専門機関に相談することをすすめましょう。

また、相談者のプライバシーは守らなくてはいけません。相談者の了解なしに他人に話したり、相談内容について加害者である夫に確認することは絶対にやめましょう。

そのことが原因で暴力がさらにひどくなることがあり大変危険です。

お問い合わせ

自治振興課 男女共同参画推進室

〒874-0903 別府市大字別府字野口原3030番地1

電話:0977-21-8289

Eメール:aup-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る