文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

平成30年度(平成29年分) 市県民税の申告

市県民税は、当年1月1日現在別府市にお住まいで前年中(1月1日~12月31日)に一定額の所得があった方に課税されます。

この申告は、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料、公営住宅の家賃、認可保育園の保育料などを算定するための基礎となります。

1 申告受付の日程

下記の日程で土・日・祝日を除く期間に受付しております。

場所 期間 受付時間
市役所本庁 市民税課33番窓口 2月1日(木)〜15日(木) 9時〜16時
レセプションホール 2月16日(金)〜3月15日(木)
※朝日大平山地区公民館(火売) 2月6日(火)、7日(水) 9時〜15時
※別府市北部コミュニティーセンターあすなろ館(平田町) 2月8日(木)、9日(金)
サザンクロス(千代町) 2月14日(水)
南部地区公民館(浜脇1丁目) 2月15日(木)

※合理的配慮にもとづき、今回から変更(朝日出張所2階⇒朝日大平山地区公民館1階)、(亀川出張所2階⇒別府市北部コミュニティーセンターあすなろ館2階【エレベーターあり】)。
みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2 申告が必要な方

昨年中の収入状況から、申告が必要かどうかを確認してください。

申告が必要な方

※確定申告(所得税)をされる方は、市県民税申告をする必要はありません。確定申告が必要かどうかの目安は4を参照ください。

3 申告に必要なもの

(1)すべての方に共通

  1. 市県民税申告書(申請書ダウンロードページへ
    申告書は市民税課33番窓口にあります。
  2. 印鑑
  3. マイナンバー(番号)確認書類と身分確認書類
    (詳しくは【住民税】市県民税の申告をされる皆さまへ マイナンバー記載についてをご覧ください)

(2)収入があった方

次のいずれか該当するものをお持ちください。

  1. 源泉徴収票
    • 給与や年金の支払者が発行したもの
      (紛失した場合は、勤務先(発行元)にお問い合せください。)
  2. 帳簿書類など
    • 事業(営業・農業)や不動産などの収入があった方は、売上金額や必要経費のわかるもの
    • 減価償却計算書
  3. 所得控除を受けるための証明書・領収書
    • 健康保険税の納付証明書
    • 年金保険料の納付証明書
    • 介護保険料の納付証明書
    • 生命保険料の控除証明書
    • 地震保険料の控除証明書
    • 医療費控除の明細書(詳しくは平成30年度からの市県民税の変更についてをご覧ください)
    • 障害者控除に必要な身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者手帳、障害者控除対象者認定書

4 所得税の確定申告が必要な主な例

(1)給与所得がある方

  • 年末調整が済んでいない。
  • 所得税の納税や追徴が発生する。
    (年の途中で退職された方など)
  • 年末調整が済んでいる。
  • 医療費控除などで、所得税の還付を受けたい。
  • 給与を2か所以上から受けた。
  • 年末調整を受けなかった給与の収入金額と、給与所得以外の合計額が20万円超。

(2)公的年金等に係る雑所得のみの方

  • 公的年金等の収入金額400万円超。
  • 公的年金等の収入金額400万円以下。
  • それ以外の所得20万円超。
  • 公的年金等の収入金額400万円以下。
  • 所得税が源泉徴収されている。
  • 控除追加により還付を受けたい。

(3)給与・年金所得以外の方

  • 複数の所得があり、所得税を納税する必要がある。
  • 源泉徴収されている所得税の還付を受けたい。

※確定申告が必要かどうか判断できない場合は、税務署へお問い合わせください。

関連サイト

お問い合わせ

市民税課 普通徴収係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-1119

Eメール:tax-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る