文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

個人市県民税特別徴収実施のお願い

別府市では、個人市県民税について、従業員の方の利便性の向上と、賦課徴収の公平性を確保するため、給与からの特別徴収を推進しています。

個人市県民税の特別徴収を実施されていない事業主の皆さまにおかれましては、法令に基づく適正な特別徴収の実施について、ご理解とご協力をお願いいたします。

法令について

地方税法第321条の4及び別府市税条例第44条の規定により、原則として事業主(給与支払者)は従業員(給与所得者)の給与所得に係る個人市県民税を特別徴収していただくこととなっています。

また、関係法令の詳細が記載されている総務省・全国地方税務協議会のパンフレットはこちらからダウンロード(全国地方税務協議会HP)できます。

給与からの特別徴収とは

事業主が従業員に毎月支払う給与から個人市県民税を徴収し、納税義務者である従業員に代わって納入していただくことを「特別徴収」といいます。(特別徴収の納期 :年12回)

そのほかに、別府市から送付される納税通知書で個人で納付していただく方法を「普通徴収」といいます。(普通徴収の納期 :年4回)

特別徴収にしたときに

事業主は

個人市県民税は前年中の所得に対して課税されるため、所得税のように税額を計算したり、年末調整をする手間はかかりません。

なお、従業員が常時10人未満の事業所には、申請により年12回の納期を年2回とする制度があります(納期の特例の承認)。

従業員は

自分で納付する手間が省け、納め忘れがなくなります。

また、納付1回あたりの負担が、普通徴収に比べ少なくてすみます。

 

特別徴収のしくみ

① 給与支払報告書の提出(事業主→別府市)
    1月1日現在、別府市に住所を有する従業員の前年中の給与支払報告書
    を提出します。(1月31日まで)
② 個人市県民税の計算(別府市)
    提出された給与支払報告書等に基づき従業員の個人市県民税を計算し
    ます。
③ 特別徴収税額通知(別府市→事業主)
    個人市県民税の決定通知書を事業主に通知します。(5月31日まで)
④ 特別徴収税額通知(事業主→従業員)
    決定通知書のうち、納税義務者用の決定通知書を従業員に交付します。
⑤ 個人市県民税の徴収(従業員→事業主)
    事業主は、決定通知書に記載された月割の税額を、従業員の給与から
    差し引きます。(6月~翌年5月)
⑥ 個人市県民税の納入(事業主→別府市)
    従業員の給与から差し引いた個人市県民税を合計し、翌月10日までに納
    入します。

お問い合わせ

市民税課 特別徴収係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-1119

Eメール:tax-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る