文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文

軽自動車税 Q&A

Q1 納税通知書が届かない。
A 軽自動車税は、主たる定置場のある市区町村で課税されます。まず、主たる定置場が、別府市になっているか車検証で確認してください。納税通知書は毎年5月初旬に郵送します。5月中旬頃になってもお手元に届かない場合には、市民税課にご連絡ください。

※「主たる定置場」とは、軽自動車等の運行を休止した場合において、主として駐車する場所のことです。

Q2 現在、バイク・軽自動車を持っていないのに「軽自動車税納税通知書」がきたのはなぜですか?
A 軽自動車税は、毎年4月1日に登録されている方に税金が課税されます。4月2日以降に廃車や譲渡したとしても、その年度の税金は納めいていただくことになります(自動車税のような月割り制度はありません)。
※廃車(譲渡)の手続きをしないと来年度もあなたに課税されますので、必ず手続きをしてください。
  • 知人に譲った場合
    譲り受けた方が名義変更等の手続きをしていない、あるいは、4月2日以降に手続きが完了したことが考えられます。このような場合、今年度分はあなたに課税されます。手続きの完了を確認し、未だであれば至急手続きをしてください。
  • 廃車手続きをしているはず
    軽自動車や125ccを超える二輪車の場合、軽自動車検査協会や運輸支局からの通知が市へ届くのに時間がかかることが原因と考えられます。市民税課までご連絡ください。
  • 解体した場合
    4月1日以前に業者に解体を依頼したのに納税通知書が届く場合も、廃車手続きをしていないことが考えられます。先ず、市民税課までご連絡ください。
  • 県外に転出した場合(軽自動車、125ccを超える二輪車)
    県外の軽自動車協会等で手続きを行った場合、税止めの手続きをする必要があります。税止めの手続きは基本的に自己申告になっていますが、軽自動車協会等が有料で代行手続きを行っております。代行手続きを選択しなかった場合、税止めの自己申告用紙を前居住市町村に送付しなければ、そのまま課税され続けます。

原動機付自転車・小型特殊自動車

Q3 友人から原付バイクを譲り受けたが、どのような手続きをしたらよいですか?
A 名義変更の手続きが必要です。 申告に必要なものについては→詳細参照
Q4 友人に譲った原付バイクの持ち主が転々と変わり所在不明となってしまった。
A 事情をお聞かせいただいた上で、廃車手続等が可能な場合があります。市民税課までご連絡ください。
Q5 原付バイクが盗まれました。どのような手続きをすればよいですか?
A 警察に盗難届を提出してください。その際に、「盗難届受理番号」、「届出警察署名」、「被害年月日」、「届出日」を控えてください。その後、印鑑をお持ちの上市民税課で廃車申告を行ってください。盗難届を出されていない場合は、200円の弁償金を納めていただきます。
Q6 原付バイクのナンバープレートだけ盗まれた、紛失した、破損してしまった。
どのような手続きをすればよいですか?
A ナンバープレートを再交付します。申告に必要なものについては→詳細参照 ※盗難、紛失の場合は、ナンバープレートが悪用される恐れがありますので、必ず警察に盗難届・紛失届を出すようにしてください。
Q7 郵送での申告はできますか(登録)?
A 「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付証明書」の郵送での受付はできません。ナンバープレートの交付は、本庁窓口での手渡ししか行っていません。
Q8 郵送での申告はできますか(廃車)?
A 郵送での手続きは可能です。「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書」、ナンバープレート、返信用封筒(送付先を記入し、切手貼付のもの)を市民税課まで送付してください。ナンバープレートを返納できない場合は事前に市民税課までご連絡ください。なお、廃車年月日は市役所に申告書が届いた日となります。
Q9 原付バイクを買い換えたが、これまで乗っていた原付のナンバーを新しい車両に付け替えて使用することはできますか?
A 古い車両のナンバープレートを新しい車両へ付け替えることはできません。車両を買い換えた場合には、古い車両のナンバープレートを返納し、新しい車両のナンバープレートの交付を受けてください。
Q10 希望する番号のナンバープレートはもらえますか?
A 希望ナンバーの交付は行っていません。
Q11 公道を走らない農耕作業用自動車(最高速度35km/h未満のトラクター、コンバイン、田植機等)及び小型特殊自動車(フォークリフト等)は、登録の手続きをしなければいけませんか?
A 公道を走らない場合も所有していれば登録が必要です。
Q12 放置されている原動機付自転車の所有者を教えてほしい。
A 所有者に関する情報は、警察を除く第三者に対しては公開しておりません。
放置車両のナンバープレートの番号、放置場所等の状況をお知らせいただければ、市が所有者へ連絡いたします。
Q13 バイクの盗難のための制度があると聞いたのですが(グッドライダー防犯登録)。
A 有料の防犯登録があります。詳しくは下記HPをご覧ください。
http://www.jmpsa.or.jp/entry/gbou/

減免について

Q14 障がい者手帳を持っていますが、税金の減免制度はありますか?
A はい。
軽自動車税については、こちら
市県民税については、こちら
Q15 現在、軽自動車税の減免を受けていますが、新たに車を購入しました。新しい車の減免を受けたいのですが手続きはどうしたらいいですか?
A まず、現在減免になっている車の「減免取り下げ」の手続きを市役所32番窓口で行います。その後、再度減免申請が必要です。
軽自動車の場合は、市役所32番窓口(受付期間5/1~5/31)、普通自動車の場合は、別府県税事務所 電話:0977-67-8211(受付期間 随時)で手続きをしてください。
Q16 軽自動車等の名義が身体障がい者等本人の名義ではないのですが、減免は受けられますか?
A 減免は身体障がい者等の方に対するものであるため、「身体障がい者等が所有する軽自動車等」を対象としています。したがって、所有者が身体障がい者等本人でなければ減免は受けられません。
ただし、ローン等により購入し、所有者が販売会社等になっている場合は、使用者が身体障がい者等本人であれば減免を受けられます。
また、身体障がい者等の方が18歳未満の場合や「療育手帳」を交付されている方、「精神障害者福祉手帳」を交付されている方の場合は、生計を同じくするご家族や常時介護者の名義でも対象となります。

お問い合わせ

市民税課 税制係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎GF)

電話:0977-21-1119

Eメール:tax-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
分類・組織から探す
お問い合わせ
別府市役所 代表電話 0977-21-1111
人生のできごとから探す
お問い合わせ
別府市役所
代表電話 0977-21-1111 各課お問い合わせ
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る