文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

マイナンバー制度による情報連携の開始

情報連携の試行運用が開始されます

マイナンバー制度による情報連携の試行運用が平成29年7月18日(火)から全国で開始されます。

試行運用期間については、引き続き従来と同様の添付書類を提出をお願い致します。

試行運用は、これまでの添付書類の提出を求める手続き方法から、添付書類の提出を省略化する新しい手続き方法へ円滑に移行するため、全国の地方自治体で実施されます。試行運用期間中は、従来通り、必要な添付書類を提出していきただき、情報連携による情報確認も併せて実施します。

本年秋頃から本格運用の開始を予定しています。

詳しくは、マイナンバー制度による情報連携の開始について(内閣府 社会保障・税番号制度のページ)でご確認ください。

情報連携とは

複数の機関の間において、それぞれの機関ごとにマイナンバーやそれ以外の番号を付して管理している同一人の情報をひも付けし、相互に活用する仕組みです。

連携される個人情報の種別やその利用事務は、「法律に明記されている事務」及び「独自利用事務で特定個人情報保護委員会に届出を行った事務」に限られます。

また、機関間の情報連携は、システム上のセキュリティ対策が講じられた情報提供ネットワークシステムを利用します。

お問い合わせ

総合政策課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎4F)

電話:0977-21-1122

Eメール:pco-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る