文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

下水道の概要

別府市の下水道の概要

本市の公共下水道事業は、戦後米軍が駐留して使用した施設を昭和26年に譲り受け、これを基盤として昭和27年3月31日に、別府国際観光温泉文化都市建設計画に基づき公共下水道排水区域(山の手排水区235.4ha)を決定し事業に着手したのが近代下水道事業の始まりです。

昭和33年には山田終末処理場(処理能力11,000㎥/日処理方式散水ろ床法)が稼動するに至り、昭和35年8月には都市計画事業認可(150.9ha)を受け都市計画事業として整備を推進することとなりました。

その後、新都市計画法の施行を契機に昭和47年9月には排水区域の拡大(2,548ha)及び事業認可区域の拡大(385.9ha)を行うとともに逐次検討を加え現在全体計画区域(2,826ha)を公共下水道排水区域として定め、この一部(1,797ha)の区域について事業認可を受け重点的に整備しています。

近年、瀬戸内海の水質の保全、自然景観の保全を図るべく環境基準が定められ、公共用水域の汚濁防止が問題となりこれに対処するため昭和49年10月より標準活性汚泥法による高級処理を行う終末処理場(中央浄化センター計画人口187,000人処理能力187,700㎥/日、平成17年度から認可変更により計画人口118,000人処理能力117,300㎥/日、平成22年度から認可変更により計画人口107,200人処理能力100,000㎥/日)の建設に着手し、昭和54年3月より一部稼動(23,500㎥/日)し、昭和57年3月には47,000㎥/日、平成7年3月には70,380㎥/日、平成22年度から認可変更により60,000㎥/日の現有処理能力にて稼働しています。

なお、本市の人口普及率は平成28年度末において66.3%ですが、今後下水道の計画的な整備を進めていきます。

お問い合わせ

下水道課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎3F)

電話:0977-21-1486

Eメール:sew-co@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る