文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

下水道事業受益者負担金制度

下水道事業受益者負担金制度について

下水道事業は、道路や公園などの公共施設とは異なり、整備される地域が限られ利用できる方も特定される公共事業です。そのため、公共下水道を利用できない方との間に不公平が生じます。

そこで、公共下水道の整備よって利益を受ける方(受益者)に建設費の一部を負担していただき、負担の公平性を図り、下水道事業を促進していくため、受益者負担金制度が設けられています。

※根拠法令
・都市計画法第75条
・別府国際温泉文化都市建設計画下水道事業受益者負担に関する条例

負担金を納めていただく方(受益者)

受益者負担金を負担していただく方は、公共下水道が整備された区域の土地所有者となります。ただし、その土地に質権等その他の権利の設定がある場合は、土地所有者との協議によって受益者を決定していただきます。

負担金の対象となる土地

年度当初に賦課対象区域として告示された区域内すべての土地が負担金の対象となります。空地や駐車場、公共用地なども負担金の対象となります。また、下水道利用の有無にかかわらず、負担金はかかります。なお、受益者負担金の賦課は対象の土地に対して一回限りです。

負担金の額は、次のとおり計算されます。

受益者負担金 = 当該負担区1㎡あたりの単価 × 公簿による土地の面積

※負担区とは、下水道の整備区域を複数に分け、それぞれの区域で単価を設定するものです。

負担金の賦課から納入方法まで

告示された賦課対象区域の土地の所有者に「下水道事業受益者申告書」を5月にお送りしますので、土地の地番、地積、受益者などを申告していただきます。その申告に基づき受益者及び負担金額を決定しますので、内容に訂正がない場合も返送をお願いします。また、申告書の提出がない方については、再度、法務局の登記簿等により土地所有者、地積等を確認し、受益者及び負担金額を決定させていただきます。

納入通知書は、7月初旬にお送りします。負担金は、5年分割(1年分4期)となりますが、支払い方法は全額一括、1年分一括、各納期ごとの3通りあります。一括納付をしていただくと、最大13.75%の前納報奨金が交付されますのでぜひご利用ください。

負担金の減免・徴収猶予

土地の地目(宅地、雑種地など)が固定資産税において、公園や公衆用道路等に認定されている場合は、減免の対象となります。また、農地や山林等については徴収を猶予する場合があります。詳しくはお問い合わせください。

受益者の変更

受益者負担金は、賦課決定時点の受益者に最後まで納めていただくのが原則です。ただし、負担金納入の途中で相続や売買などにより受益者の変更があり、新しい受益者の承諾のもとに「下水道事業受益者変更届」に連署・押印して届け出た場合には、届け出があった日以降に到来する納期分から新しい受益者に納めていただくことができます。

お問い合わせ

下水道課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎3F)

電話:0977-21-1486

Eメール:sew-co@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る