文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

第2回 鉄輪地獄地帯公園整備事業サウンディング調査の概要報告

別府市では、平成29年3月に鉄輪地獄地帯公園に隣接した未利用地(約3.0ha)の今後の整備・運営内容を検討していくにあたり、民間活力導入を前提とした公募条件を整理するため、また、民設民営の公園整備や施設整備の可能性などを探ることを目的として第1回目のサウンディング型市場調査を実施しました。今回の第2回サウンディング調査では、前回の調査内容に加えて、より具体的な事業範囲や事業手法、導入施設、事業実現可能性について対話を実施しましたので、その概要を公表します。

※「サウンディング型市場調査」とは、民間事業者から広く意見、提案を求める市場調査のことを言い、検討の早い段階で民間事業者との対話を通じて利活用の方向性、市場性の有無、市場性を高めるためのアイデアを得ることを目的に実施するものです。
詳しくは「サウンディング調査(対話型市場調査)」をご覧ください。

調査対象

名称
鉄輪地獄地帯公園(十万公園・展望公園)
所在地
別府市大字鶴見字円内坊外
面積
全体面積:約8.3ha
供用面積:約5.7ha(十万公園・展望公園含む)
未整備地:約3.0ha(新規取得約2.6ha)

調査経過

1 事前説明会の開催

鉄輪地獄地帯公園整備事業サウンディング型市場調査に関心をお持ちの事業者を対象に事前説明会を開催しました。

日時
平成29年10月6日(金曜日)午後1時
場所
別府市役所3階 3F-1会議室
参加者
8社

2 現地見学会の開催

鉄輪地獄地帯公園整備事業サウンディング型市場調査への参加を検討されている事業者を対象に現地見学会を開催しました。

日時
平成29年10月6日(金曜日)午後3時30分
場所
鉄輪地獄地帯公園隣接未利用地
参加者
8社

3 対話の実施

公募の結果、5件の応募があり対話を実施しました。

日時
平成29年11月28日~平成29年12月1日
場所
別府市役所2階 2F-1会議室
参加者
5社

対話概要

1 公園の整備イメージについて

交通アクセスの良好な立地条件と、海から山まで幅広い眺望の良さ、利用者の多い既存施設との位置関係、対象敷地の広さなどから、様々な施設整備やサービス提供が可能との提案・意見をいただきました。
提案のあった主な導入施設は、以下のものがありました。

2 事業方式について

敷地を公共スペースと民間スペースに分割し、公募設置管理制度(Park-PFI)を利用し整備・管理・運営を行う方式や、敷地全体をPFI事業方式で一括して整備し事業を行う方式などの提案・意見をいただきました。

3 事業実施時期・期間について

事業実施時期については、2019年開園や2020年開園を目指すものなど、早期開園を望む提案が多くありました。
また事業期間については、概ね20年ほどが妥当との意見をいただきました。

4 今後のスケジュールについて

サウンディング調査の結果も踏まえ、今後も、引き続き公園整備の計画・検討を行っていきます。

お問い合わせ

鉄輪地獄地帯公園整備事業について

別府市建設部公園緑地課公園整備係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号
電話:0977-21-1473 
FAX:0977-22-9478
Eメール:par-co@city.beppu.lg.jp

サウンディング調査全般について

別府市共創戦略室公民連携課

〒874-8511 別府市上野口町1番15号
電話:0977-21-1241
Eメール:ppc-te@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る