文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

別府市寡婦(夫)控除のみなし適用の実施

別府市ではひとり親家庭の支援の一環として、未婚で20歳未満の児童を養育するひとり親家庭を対象に、寡婦(夫)控除のみなし適用を下記のとおり実施いたします。

対象事業について、対象者からの寡婦(夫)控除のみなし適用の申請に基づき、寡婦(夫)控除があるものとして所得税額や住民税額を計算し、利用料等の決定(減額等)を行うものです。

なお、婚姻暦がある人など、税法上の寡婦(夫)控除を受けられる方は、このみなし適用の対象とはなりません。また、このみなし適用によって、所得税や住民税等を見直すものではありません。

対象者

所得を計算する年の12月31日及び申請日の時点において、次の(1)~(3)のいずれかに該当する者

  1. 婚姻によらず母となり、婚姻歴がなく(事実婚を含む)、20歳未満の税法上扶養する子(合計所得金額が38万円以下)、又は生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる者である。
  2. (1)のうち、20歳未満の税法上扶養する子がある場合に該当し、母(申請者)の合計所得金額が500万以下である。
  3. 婚姻によらず父となり、婚姻歴がなく(事実婚を含む)、生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる者であって、父(申請者)の合計所得金額が500万円以下である。

対象事業

対象事業 事業内容 申請窓口
子育て短期支援事業保護者負担金
(利用料)
一時的な子どもの預かり(1週間以内) 子育て支援課
こども支援係
高等職業訓練促進給付金等事業 母子家庭の母又は父子家庭の父が資格取得のため、2年以上養成機関で修行する場合、修行期間中の生活の負担軽減のため給付金支給 子育て支援課
こども支援係
助産費用負担金 助産施設利用の負担(出産費用の負担) 子育て支援課
こども支援係
母子生活支援施設入所者負担金 18歳未満の子どもを養育している母子の保護を行うとともに、自立促進のためにその生活を支援する施設の利用料負担 子育て支援課
こども支援係
認可保育所保育料 認可保育所保育料の算定 子育て支援課
こども支援係

実施時期

平成28年4月1日から

申請手続き

別府市寡婦(夫)控除みなし適用申請書をご記入のうえ、各申請窓口へご提出してください。

申請に必要なもの

  1. 別府市寡婦(寡夫)控除みなし適用申請書(申請書ダウンロードへ)
  2. 印鑑
  3. 申請者及び子の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)※
  4. 世帯員全員の住民票の写し※
  5. 有効期間内の児童扶養手当証書の写し
  6. その他、みなし適用に必要な書類

※児童扶養手当の手続きで既に提出済みの場合、本申請では③・④の提出を省略することができます。

お問い合わせ

子育て支援課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎1F)

電話:0977-21-1427

Eメール:fas-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る