文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

児童手当

(平成29年4月1日更新)

制度のしくみ

支給対象

対象児童は中学校修了(15歳到達後最初の3月末)までにある児童です。
受給対象者は、別府市に住所を有し対象児童を養育している方です。

※子どもが海外に住んでいる場合は、原則として児童手当を受け取ることはできません
(留学中の場合等を除く)

※子どもが児童養護施設等に入所している場合は、その施設長等が申請を行います。
(子どもが入所している方は、その子以外の子どもの分を申請してください。)

※父母が離婚協議中で別居している場合、子どもと同居している者に支給されます。

支給額

対象児童の年齢・第何子かなどによって支給額が決まります。

支給額
(月額)
0歳~3歳未満 3歳~小学校修了前 中学生 ※所得制限超過の場合
15,000円 第1子・第2子  10,000円 10,000円 児童ひとりにつき
5,000円
第3子以降     15,000円

※所得制限が定められており、限度額以上の方は児童1人当たり5,000円を支給します。

所得制限の限度額表
扶養親族 所得額(単位:円)
0人 6,220,000
1人 6,600,000
2人 6,980,000
3人 7,360,000
4人 7,740,000
5人 8,120,000
  1. 所得税法に規定する老人扶養親族がある者についての限度額は、一人につき6万円を加算した額。
  2. 扶養親族が6人以上の場合は、一人につき38万円を加算した額。
  3. 請求者の所得額から一律8万円(児童手当法施行令第3条第1項による控除)を控除します。

所得額とは源泉徴収票の給与所得控除後の金額、または確定申告書の所得金額の合計金額です。

現況届

児童手当を受けている方は、毎年6月中に「児童手当現況届」を提出しなければなりません。現況届は、毎年6月1日における状況について確認し、児童手当を引き続き受ける要件があるかどうかを審査するためのものです。現況届の用紙は市より郵送いたします。

※現況届の提出がないと、6月分以降の手当てが受けられなくなりますので、ご注意ください。

申請が必要な方

出生・転入等に伴う申請

出生・転入等で新たに支給対象となった方で…

転入、または第1子出生 認定請求
第2子以降の出生 額改定請求

※離婚協議中別居で子と同居している方や子が施設を退所された方などについても申請が必要になることがあります。

申請に必要なもの

認定請求
  1. 認印
  2. 通帳(申請者名義)
    ※ 「ゆうちょ銀行」への振込が可能となりました。ご希望される場合には「総合口座通帳」が必要となりますので必ずご持参ください。
  3. 申請者の健康保険証(厚生年金や各種共済組合等の加入者)
    ※医師国保、土木建築国保の方は年金加入証明書が必要な場合があります。
  4. 該当年度の住民税が別府市外で課税されている方は、課税している市区町村が発行する所得証明書(ただし、4月、5月支給分については前年度分となります)
  5. 申請者および配偶者の個人番号カードまたは通知カードなど番号提示ができるもの(メモ等不可)
  6. 本人確認書類
  7. (本人以外が申請に来る場合)代理権のわかるもの(委任状など)および代理人の身元確認ができる書類
額改定請求
  1. 認印

※養育状況等により別途書類が必要な場合があります。

※申請者とは、対象児童を養育している父母で、家計の主宰者です。

申請期間

出生・転入・施設退所等に伴う申請

受給事由が発生した日から15日以内
(受給事由が発生した月の翌月からの支給となります)

※15日以内に申請がない場合、手当を支給できない期間が発生することがあります。必ず15日以内に申請してください。

申請場所

市役所子育て支援課・各出張所で手続きをしてください。
(公務員の方は職場で手続きをしてください)

支給日

6月10日(2月分~5月分)、10月10日(6月分~9月分)、2月10日(10月分~1月分)

※上記の支給日が金融機関休業日の場合は、その前営業日に支給します。

その他(届け出・手続き)

届け出を必要とするとき 届け出の種類
新たに受給資格が生じたとき
(出生・転入・施設退所等)
児童手当認定請求書
(※事由が生じた日から必ず15日以内に届け出)
毎年6月中(すべての受給者) 児童手当現況届
転出(他の市町村に住所が変わるとき) 児童手当受給事由消滅届
(転出先にて)
児童手当認定請求書、転出連絡票
出生・施設退所等により支給対象児童が増えたとき 児童手当額改定請求書
(※事由が生じた日から必ず15日以内に届け出)
養育しなくなった等により支給対象児童が減ったとき
(施設入所等)
受給者が公務員になったとき 児童手当受給事由消滅届
(別府市役所に提出)
児童手当認定請求書(勤務先に提出)
受給者又は養育児童の氏名が変わった
とき
氏名変更届
支給要件の児童と別居したとき 事実申立書
児童が市外の場合は児童世帯の住民票
支給対象の児童を養育しなくなったとき
(施設入所等)
児童手当受給事由消滅届 等
婚姻・離婚の届け出をしたとき 児童手当受給事由消滅届 等
上記の届け出(手続き)が遅れると児童手当が受けられなくなったり、児童手当を返還していただくことがありますので、速やかに届け出てください。

寄附

児童手当の寄附制度は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを支援したいという思いをお持ちの方で、児童手当受給資格者が、手当額の全部または一部を別府市に寄附することができる制度です。
寄附をご希望の方は子育て支援課までご相談ください。

お問い合わせ

子育て支援課 給付支援係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎1F)

電話:0977-21-1427

Eメール:fas-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る