文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

インフルエンザ

インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。症状は鼻水や咳だけでなく、全身にわたって重いのが特徴です。

かぜとインフルエンザの違い

  インフルエンザ かぜ
感染力 強い。人から人へ急速に広がる。 弱い。除々に広がることが多い。
症状 38℃~40℃の高熱、悪寒、頭痛、倦怠感などの全身症状を伴う。 のどの痛み、鼻水などの症状、発熱を伴うこともある。
経過 急激な高熱で発症する。 ゆっくりと経過する。

インフルエンザの予防対策

1.感染経路を断つ

2.抵抗力をつける

3.免疫をつける

4.インフルエンザにかかったら

高齢者インフルエンザ予防接種のご案内

平成28年度の高齢者インフルエンザ予防接種は10月から予定しております。予防接種をしてもかかることがありますが、インフルエンザの重症化を防ぎます。

詳しくは、高齢者インフルエンザ予防接種助成をご覧ください。

実施期間
平成28年10月1日(土)~平成29年1月31日(火)
対象年齢
満65歳以上の者
接種回数
1人につき1回

情報提供ホームページ

お問い合わせ

健康づくり推進課 

〒874-0931 別府市西野口町15番33号(別府市保健センター内)

電話:0977-21-1117

Eメール:hpd-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る