文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の症状等について

脳脊髄液減少症は、交通事故やスポーツ外傷など、体への衝撃により脳脊髄液が漏れ出し減少することによって、起立性頭痛(起きていると増強する頭痛)などの頭痛、頸部痛、めまい、嘔吐、倦怠感、不眠、記憶障害など様々な症状を引き起こす病気といわれています。

この脳脊髄液減少症は、疾患として医学的な解明が進められている段階であり、統一的な診断基準や治療法が現時点では確立されていません。

このため国では、平成19年度に厚生労働省において研究班が設置され、統一的な診断基準の確立と有効な治療法の研究が行われています。

脳脊髄液減少症は一般社会の認知度が低く、病気のつらさに加え、周囲の理解が得られないなど、苦しい思いをされている方もいらっしゃいます。

各種リンク先の紹介

患者団体等リンク

調査研究班リンク

お問い合わせ

健康づくり推進課 

〒874-0931 別府市西野口町15番33号(別府市保健センター内)

電話:0977-21-1117

Eメール:hpd-hw@city.beppu.oita.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る