文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

ノロウイルス

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。健康な方は軽症で回復しますが、子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐ぶつを誤って気道に詰まらせて死亡することがあります。手洗いや食品の取扱いに気をつけて、感染を広げないように注意しましょう。

感染経路

ノロウイルスは手指や食品を介して、経口で感染します。ノロウイルスに汚染された二枚貝も食中毒の原因となっています。

症状

潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で、発熱は軽度です。通常、これら症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。

予防法

  • 外出後やトイレの後、食事の前などは入念に手を洗いましょう。
  • 調理をする際は、食品の中央まで火が通るように、中心温度85℃以上で90秒間以上加熱しましょう。
  • 調理器具の洗浄や消毒をしっかりしましょう。

発症した場合

ウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。脱水や体力消耗を防ぐ為、水分と栄養の補給を充分に行いましょう。下痢止めなどは病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましいでしょう。

感染した者の汚物の処理を行う場合

使い捨ての手袋の使用やマスクを着用し、作業後は必ず石鹸を使って手を洗いましょう。直接手で触れる機会のある場所は次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう。

情報提供ホームページ

お問い合わせ

健康づくり推進課 

〒874-0931 別府市西野口町15番33号(別府市保健センター内)

電話:0977-21-1117

Eメール:hpd-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る