文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

障がい者の健康と医療

市の障害福祉課では、別府市に居住する障がいのある方を対象に身体障がいのある方や児童・知的障がいのある方や児童・精神その他心身機能に障がいのある方の福祉に関する窓口として、障害者手帳の交付、更生医療、補装具・日常生活用具給付、施設入所の相談、福祉手当、福祉タクシー手当、特別障害者手当等の支給などを行っています。

お気軽にご相談ください。

重度心身障害者医療費の助成

身体障害者手帳所持者で1、2級に該当する方、療養手帳所持者でA1、A2に該当する方、身体障害者手帳の3級で療育手帳のB1に該当する重複障がいのある方、精神障害者保健福祉手帳所持者で1級に該当する方です。
 この制度は、重度心身障がいのある方に対し医療費の一部を支給することにより、保健の向上、福祉の増進を図ることを目的としたもので、保険で診療を受けたとき、支払うべき自己負担額を助成します。ただし、自己負担額が月額1,000円に満たないとき、及び保険診療以外は除かれます。

申請に必要な書類等

詳しくはこちら

自立支援医療・精神通院医療

精神疾患のために通院による医療を受けている方のために通院医療費の負担軽減をする制度です。通常、医療保険では医療費の自己負担額は3割ですが、本制度を併用した場合、自己負担額(本人又はその世帯の所得に応じて、自己負担額の限度額が変わります)が原則1割になります。本制度は、県の指定を受けた医療機関での精神疾患の治療で通院に係る医療費のみが対象となります。

申請に必要な書類等

※通知カードの場合は、写真付身分証明書(免許証等)が必要となります。

自立支援医療(精神通院)申請についてはこちら

自立支援医療・更生医療

身体障害者手帳をお持ちの方を対象に障がいの程度を軽くしたり、障がいを取り除いて、日常生活や職業能力を高めるために医療が必要な場合に、その特定の医療費を公費で負担します。ただし、所得に応じて自己負担があります。
 身体障害者更生相談所の判定を受けた後、受給者証の交付を受け、指定医療機関で治療を受けることになります。

申請に必要な書類等

※通知カードの場合は、写真付身分証明書(免許証等)が必要となります。

自立支援医療・育成医療

18歳未満で身体障害者手帳の交付を受けている児童、又はそれと同等程度の障がいを有している児童に将来生活能力を持たせるための医療を給付するもので、扶養義務者の所得に応じて自己負担があります。
 市での判定を受けた後、受給者証の交付を受け、指定医療機関で治療を受けることになります。

申請に必要な書類等

※通知カードの場合は、写真付身分証明書(免許証等)が必要となります。

後期高齢者医療制度

下記該当の手帳をお持ちの65歳以上の方は後期高齢者医療制度に加入することができます。

※制度の詳細等につきましては、 後期高齢者医療制度をご確認ください。

お問い合わせ

保険年金課 保険窓口係

TEL:0977-21-1111(内線:7789、7790)

その他の医療助成

詳細は、各担当部署にお尋ねください。

特定疾患医療

大分県東部保健所
0977-67-2511

子ども医療

子育て支援課給付支援係
0977-21-1427

特定疾病医療

保険年金課国民健康保険担当
0977-21-1148

ひとり親家庭医療

子育て支援課給付支援係
0977-21-1427

お問い合わせ

障害福祉課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎1F)

電話:0977-21-1413

Eメール:haw-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る