文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
生活

在宅高齢者住宅改造助成事業

在宅高齢者が、日常生活で直接利用する住宅の設備を、高齢者に適するように改造することにより生活動作を容易にするとともに、介護する家族の負担軽減を図るための住宅改造に対し助成を行います。

※すでに工事が実施されている場合は、助成の対象になりません。

平成29年度の募集は締め切りました。

受付期間

平成29年4月21日(金)~
平成29年5月24日(水)

※土日祝日は除く。

※申請者の受付は先着順になっております。また予算の上限に達し次第、受付を締め切らせていただきます。
(参考:平成29年度予算上限額 440万円)

助成対象者

以下すべてに該当する方。

助成金額

例1)介護認定なし。対象工事見積額600,000円。

助成基準額
600,000×2/3(補助割合)=400,000円

例2)介護認定あり(住宅改造未実施)。対象工事見積額600,000円。

介護保険
200,000円×0.9=180,000円
高齢者住改
400,000円×2/3=266,000円
計 446,000円

※助成対象とならない部分は見積りより減額することがあります。

助成対象工事箇所

玄関(周辺のスロープなど)・台所・浴室(脱衣室)・便所・廊下・階段・居室等

手続き

  1. 申請受付
    必要書類
    • 申請書(様式第1号) ※平成24年度から新様式となっています。
      ※申請書は高齢者福祉課にも用意しています。
    • 工事見積書
    • 平面図(現況・完成後がわかるもの)
    • 改造前の写真(改造予定箇所毎2枚1組、日付入り)
    • 市税納税証明書(世帯全員分)
      ※市民税課にて【在宅高齢者住宅改造申請用】で申請ください。
    • 登記記載事項証明(建物についてのみ。
      ※市役所GF(大分法務局)にて
    • 家屋が自己所有でない場合は、所有者の承諾書
  2. 現地確認
  3. 交付決定の通知
  4. 工事に着手 (決定通知が出るまでは工事に入らないでください。)
  5. 工事完成後、現地確認 (現地確認が終了するまで、支払いはしないで下さい。)
    必要書類
    • 改造後の写真(改造箇所毎2枚1組、日付入り)
    • 工事費は全額本人立替え払い。領収書のコピー提出。
    • 指定の本人口座に助成額振込。

注意点

お問い合わせ

高齢者福祉課 高齢者福祉係

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎1F)

電話:0977-21-1442

Eメール:epw-hw@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る