文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
産業

別府市汚泥再生処理センター(仮称)建設事業

 本市の「し尿処理場春木苑」は、昭和44年に供用を開始し、経年的な劣化による施設全体の老朽化が進行しています。また、処理対象物のうち、浄化槽汚泥の占める割合が増加しており、安定した適正処理を行うために施設の更新が急務となっています。

 そこで、環境省の循環型社会形成推進交付金を活用し、し尿、浄化槽汚泥及び生ごみ等の有機性廃棄物を併せて処理するとともに、資源を回収する施設である「汚泥再生処理センター」の建設を平成28年度から平成30年度の3か年事業で行います。

 また、施設の整備については「安心で快適な生活環境の実現」を基本方針とし、快適な生活環境の保全に寄与すべき施設としての機能を備え、施設自ら住民に受け入れられる施設として安心で快適な施設の整備を図るものとします。具体的には、次の5つのコンセプトに基づき、整備を進めて行きます。

施設整備のコンセプト

費用対効果分析の公表について

 別府市汚泥再生処理センター(仮称)建設事業に係る費用対効果分析を「廃棄物処理施設整備事業に係る費用対効果分析について(平成12年3月10日付衛環第18号厚生省生活衛生局水道環境部環境整備課長通知)」に基づき行いましたので、同通知8により公表します。

発注及び受注者の募集・選定

 施設の建設にあたり、民間事業者のノウハウや施工実績を踏まえた技術提案により、施設の性能や工事の効率性の向上及びコスト削減効果を期待し「設計・施工一括発注方式」を採用しました。また、受注者の募集及び選定は、一般競争入札による「総合評価落札方式(高度技術提案型)」により実施します。

工事名
別府市汚泥再生処理センター(仮称)建設工事
建設場所
別府市大字北石垣字祝保1200番
工事期間
本契約成立後発注者の指定する日から平成31年3月15日まで
計画処理量
75kL/日(し尿 3kL/日、浄化槽汚泥 72kL/日)
400kg/日(生ごみ)
処理方式
水処理系統:浄化槽汚泥の混入比率の高い脱窒素処理方式
資源化系統:汚泥助燃剤化方式

施設建設に係る事項及び経過

施設建設に係る事項及び経過については、下記のとおり公表します。

    PDF Excel
平成29年1月27日 安全祈願祭について PDF -
平成28年8月23日 客観的評価結果の公表 PDF -
平成28年8月2日 落札者の決定について PDF -
平成28年8月1日 第5回 総合評価審査委員会 - -
平成28年7月6日 第4回 総合評価審査委員会 - -
平成28年5月19日 【第2回】要求水準書等に対する質問への回答について PDF -
平成28年4月18日 【第1回】入札説明書等に対する質問への回答について PDF -
平成28年4月8日 入札公告 ①公告文 PDF -
②入札説明書 PDF -
③様式集 PDF Excel
④落札者決定基準 PDF -
⑤要求水準書 PDF -
平成28年3月29日 第3回 総合評価審査委員会 - -
平成28年2月23日 第2回 総合評価審査委員会 - -
平成28年1月26日 第1回 総合評価審査委員会 - -

※総合評価審査委員会:別府市汚泥再生処理センター(仮称)建設工事に係る総合評価審査員会

お問い合わせ

環境課 し尿処理場春木苑 
施設詳細

〒874-0917 別府市中須賀東町9組

電話:0977-66-1831

Eメール:harukien@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る