別府市消防本部 > 災害に備える > 風水害対策

災害に備える

風水害対策

九州は梅雨前線が停滞しやすく、台風の進路にもあたるため、集中豪雨や台風の来襲で風水害がたびたび発生しています。
別府市も例外ではなく、程度の差はあっても、風水害の被害は毎年のように発生しております。
風水害の威力は計り知れない反面、事前の対策で被害を最小限に抑えることができますので、いざという時に備えて万全の対策をたてておくことが大切です。


家の内外の風水害対策
 

集中豪雨や台風の到来は、テレビやラジオからの気象情報によりある程度予測することができます。風水害を抑えるため家の内外で万全の対策を取っておきましょう。


家のまわりのチェック項目
  • 屋根…瓦のひび・割れ・ずれなどを補修し飛ばされないようにする。
  • ブロック塀・外壁…ひび割れや亀裂があれば補修する。
  • 窓ガラス…雨戸を閉める。雨戸がなければ、外から板で塞いだり、ガムテープを×印に張る。カーテンを引く。
  • ベランダ…物干し竿や鉢・プランターなどの小物を取り込む。
  • 雨どい・排水口…落ち葉や土砂などを取り除き、ずれている継ぎ目があれば補修する。
  • 側溝…近所で協力し、側溝のつまりをなくし家の周辺の水はけをよくする。
  • その他…アンテナや看板などの固定を補強し、飛ばされそうな物は家の中に入れる。

屋内でのチェック項目
  • テレビやラジオの気象情報を聞き、正確な情報を収集する。
  • 停電に備え懐中電灯や携帯ラジオを準備する。(予備の乾電池も忘れずに)
  • 飲料水を確保する。
  • 避難に備えて非常持出品を準備する。
  • むやみに外出しない。
  • 浸水のおそれがある場合は、家財道具や食料品・衣類・寝具などの生活用品を高い場所へ移しておく。
  • ふろや洗濯の排水をひかえる。
  • 病人や乳幼児、障害者などを安全な場所へ。



土砂災害に警戒を
 

土砂災害は地表の土砂や岩が崩れ落ちる現象で、長雨・大雨・豪雨時に発生しやすくなります。次のような現象が発生した場合はすみやかに避難して下さい。


斜面崩壊(がけ崩れ)
  • 小石がパラパラと落ちる。
  • がけに裂け目ができる。
地すべり
  • 地面にひび割れができる。
  • 陥没や隆起が生じる。

土石流
  • 山鳴りやドンという音がする。
  • 川の水が急に減り始める。



早めの避難が命を守る
 

洪水や土砂災害の危険が予想される地域では、市や防災関係機関よりの避難の指示・勧告があった時はもちろんのこと、災害の前ぶれを感じた時は、むだ足覚悟で早めに自主避難することが大切です。


避難する場合の注意事項
  • ガスの元栓を閉めるなど火元の始末をする。
  • ヘルメットや頭巾で頭を保護する。
  • 裸足・長靴は禁物。ひもでしめる運動靴を着用する。
  • 長い棒を杖がわりにして、水面下の穴や溝を探りながら歩く。
  • 歩行可能な水深は、男性で70cm、女性で50cm。水深が腰まであった ら無理をせず高所で救援を待つ。
  • 単独行動は避ける。
  • はぐれないようロープで互いの身体を結んで避難する。
  • 高齢者や病人などは背負う。幼児は浮き袋、乳児はベビーバスなどを利用して安全を確保する。



台風の基準
 

台風は熱帯地方で発生する低気圧のことで、最大風速が風力8(毎秒17.2m)以上になったものをいい、一般に台風の勢力は「強さ」と「大きさ」で表します。


台風の強さ
強い台風 最大風速33~44m未満
非常に強い台風 最大風速44~54m未満
猛烈な台風 最大風速54m以上

台風の大きさ
大型の(大きい)台風 風速15m以上の半径が500~800km未満
超大型の(非常に大きい)台風 風速15m以上の半径が800km以上



雨量と災害の関係
1時間雨量(mm)
予報用語
人の受けるイメージ
災害発生状況
10以上~20未満 やや強い雨 ザーザー降る。 長く続く時は注意が必要。
20以上~30未満 強い雨 どしゃ降り。 側溝や下水、小さな川があふれ、小規模のがけ崩れが始まる。
30以上~50未満 激しい雨 バケツをひっくり返したように降る。 山崩れ・がけ崩れが起きやすくなり、危険地帯では避難の準備が必要。都市では下水管から雨水があふれる。
50以上~80未満 非常に激しい雨 滝のように降る。(ゴーゴーと降り続く) 都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある。マンホールから水が噴出する。土石流が起こりやすい。多くの災害が発生する。
80以上~ 猛烈な雨 息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感じる。 雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。
※雨量が同じであっても、降り始めからの総雨量の違いや、地形や地質などの 違いによって被害の様子が異なることがあります。


風速と災害の関係
平均風速
(m/秒)
予報用語
人への影響
建築物の被害
10以上~15未満 やや強い 風に向って歩きにくくなる。 取り付けの不完全な看板やトタン板が飛び始める。
15以上~20未満 強い風 風に向って歩けない。転倒する人もいる。 ビニールハウスが崩れ始める。
20以上~25未満 非常に強い風(暴風) しっかりと身体を確保しないと転倒する。 鋼製シャッターが崩れ始める。風で飛ばされた物でガラスが割れる。
25以上~30未満 立っていられない。屋外での行動は危険。 ブロック塀が壊れ、取り付けの不完全な屋外外装材がはがれ飛び始める。
30以上~ 猛烈な風 屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる。
※風速が同じであっても、対象となる建物、構造物の状態や風の吹き方によって被害の様子が異なることがあります。