別府市消防本部 > 災害に備える > 日頃の備え

災害に備える

日頃の備え

大災害発生時、水道や電気が被害を受け断水や停電が続いたり、ガスの供給が長期間ストップしたり、食料品が品不足になったりすることが起こりえるおそれがあります。
日頃より数日間は自力でしのげる備えをしておくことが大切です。


非常持出品の準備

いざという時にすぐに持ち出せるよう日頃から準備・点検しておきましょう。


一次持出品(避難時にまず持ち出す最低限必要なもの)
  • 非常食…カンパン、缶詰など火を通さないでも食べられるもの。
  • 飲料水…1人1日分で約3リットルが目安。
  • 懐中電灯…できれば1人に1つ。予備の電池も忘れずに。
  • 携帯ラジオ…予備の電池は多めに準備。
  • 救急用品…絆創膏、傷薬、包帯などケガの応急手当のために。目薬、風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤なども準備。
  • 貴重品…現金(10円硬貨があると公衆電話の利用に便利)、預貯金通帳、印鑑、権利証書など。
  • 身分証明書…免許証や健康保険証のコピーなど。
  • その他…下着・上着などの衣類、軍手、タオル、合羽、ヘルメット、ビニールシート、ロープ、紙皿、缶切、小型ナイフ、ティッシュ、粉ミルク、生理用品、紙おむつなど。
※リュックに重さ10~15kgを目安に収納して下さい

二次持出品(災害復旧までの数日間(最低3日分)生活できるもの)
  • 非常食…米(缶詰やレトルトなど)、ビスケット、チョコレート、あめ、缶詰、調味料など。
  • 飲料水…ペットボトルやポリタンクにためておく。
  • 燃料…卓上コンロ、ガスボンベ、固形燃料など。
  • その他…生活用水(風呂などに備蓄)、寝具、毛布、洗面用具、なべ、やかん、バケツなど。



家族で防災について話し合おう

災害はいつ発生するかわかりません。日頃より家族で防災会議を開き、被害を最小限に抑える方法について話し合っておきましょう。


一人ひとりに役割分担を
  • 災害が発生した場合の役割分担を決めておく。

家の中の危険箇所のチェックを
  • 家具などの転倒防止に努め、安全な空間を確保する。

災害時の連絡方法や避難場所の確認を
  • 家族が離ればなれになった時の連絡方法や、避難場所を確認しておく。

安全な避難経路の確認を
  • 災害状況の違いに合わせた、安全な避難経路を確認しておく。

日頃の訓練を
  • 消火の方法や救急救命法を学んだり、地域の防災訓練などに参加する。