別府市消防本部 > 災害に備える > 地震対策

災害に備える

地震対策

日本列島は、いくつかのプレートが互いに押し合いする境界付近に位置しており、世界でも有数の地震の多い地域です。
大分県内には、別府湾から県西部にかけて活断層が多く分布しており、これらの活断層群は、「別府―万年山断層帯」と呼ばれ、これらが将来、地震を引き起こすおそれがあることは否定できませんが、活断層が近くにあるということで、むやみに心配するのではなく、地震災害について正しい知識を持ち、一人ひとりが適切な対策をたてることが大切です。


地震から身を守る心得
 

地震が発生したらどのような行動をとればよいのか。地震発生時における身を守る心得を習熟し、冷静に行動しましょう。


まずわが身の安全を

けがをしたら避難行動等に支障がでる。丈夫なテーブルの下などに隠れ頭部を保護するなど身の安全を確保する。


すばやく火の始末を

落ち着いて火元を消し、火災の防止をする。


戸を開けて脱出口の確保を

建物がゆがみ戸が開かなくなると危険。避難のための出口を確保する。


火がでたらすみやかに消火を

天井に燃え移る前なら初期消火ができる。隣近所にも知らせ、協力して火災の拡大や延焼を防止する。


外に逃げるときはあわてずに

外に逃げるときは落下物に注意し、あわてずに行動する。


狭い路地や塀ぎわには近寄らない

ブロック塀や石垣など倒壊の危険のある場所には近寄らない。


山崩れ、がけ崩れ、津波に注意

山崩れ、がけ崩れ、津波に注意


避難は徒歩で、荷物は最小限に

車での避難は厳禁。荷物を欲張りすぎると避難に支障がでるので注意する。


みんなで協力し合って応急救護を

大規模災害になると、医療機関の対応は限界に。みんなで協力し合って、けが人や病人の応急救護に努める。


正しい情報の収集を

デマやうわさに惑わされず、市町村やラジオのニュースなどから正確な情報を収集し、適切な行動をとる。






状況や場所に応じた適切な行動を
 

地震はどんな場所にいる時に発生するかわかりません。いかなる場所にいても的確な行動がとれるよう地震に関する知識を身に付けましょう。


家の中にいたら
  • 身を低くして、丈夫なテーブルの下などに身を隠す。
  • 安全な場所が見つからない場合は壁にもたれて身を隠す場所をさがす。(入口の近くは危険なので避ける)
  • すばやく火の始末をする。
  • 戸を開けて脱出口を確保する。
  • 裸足で歩き回らず、スリッパなどを履く。
  • 揺れている間は家の中にいる。

店の中にいたら
  • カバンなどで頭を保護し、陳列棚の近くなど危険な場所から離れる。
  • 気持ちを落ち着け、あわてて出口に走らない。
  • エレベーターは使用しない。
  • 係員の指示に従い、秩序正しく避難する。

屋外にいたら
  • カバンなどで頭を保護し、地面に身を低くしてバランスを保つ。
  • 近くにビルがある時は、落下物を避けるため屋内に避難する。
  • 近くの公園や空地などへ避難する。
  • ブロック塀や石垣、自動販売機などには近寄らない。

海岸、がけ付近にいたら
  • すみやかにその場から離れ、安全な場所に避難する。

車を運転中の場合は
  • 速度を徐々に落とし、路肩に寄せてエンジンを切る。
  • 電線、その他の建造物の近くには駐車しない。
  • 揺れがおさまるまで車内にいて、ラジオで情報を得る。
  • 車を離れる時は、ドアロックをせずキーはつけたままにしておく。




地震の規模と被害想定
 

地震は揺れの大きさによって、0~4・5弱・5強・6弱・6強・7の10段階の震度階級がつけられており、震度3で棚にある食器類が音を立てる程度、震度4では置物などが倒れかなりの恐怖感を感じます。
震度5弱になると家具の転倒などが始まり、これ以上になると大規模災害の危険が強まります。


震度階級表
震度0
人は揺れを感じない
震度1
屋内にいる人の一部が、わずかな揺れを感じる
震度2
屋内にいる人の多くが、揺れを感じる
電灯などのつり下げ物が、わずかに揺れる
震度3
屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる
棚にある食器類が、音を立てることがある
震度4
かなりの恐怖感があり、一部の人は身の安全を図ろうとする
つり下げ物は大きく揺れ、座りの悪い置物が、倒れることがある
震度5弱
一部の人は、行動に支障を感じる
棚にある食器類、書類の本が落ちることがあり、家具が移動することがある
窓ガラスが割れて落ちることがあり、耐震性の低い住宅では、壁や柱が破損することがある
震度5強
多くの人が、行動に支障を感じる
タンスなど重い家具が倒れることがあり、変形によりドアが開かなくなることがある
補強されていないブロック塀の多くが崩れる
耐震性の高い鉄筋コンクリートの建物でも、壁などに亀裂が生じるものがある
震度6弱
立っていることが困難になる
固定していない重い家具の多くが移動、転倒する
耐震性の低い住宅では、転倒するものがある
ガスを供給するための導管、主要な水道管に被害が発生する
震度6強
立っていることができず、はわないと動くことができない
戸が外れて飛ぶことがある
補強されていないブロック塀のほとんどが崩れる
耐震性の低い住宅では、倒壊するものが多い
震度7
揺れにほんろうされ、自分の意志で行動できない
ほとんどの家具が大きく移動し、飛ぶものがある
耐震性の高い住宅でも、大きく破壊するものがある
大きな地割れ、地すべりや山崩れが発生し、地形が変わることもある