文字サイズ  背景色
English 한국어 简体中文 繁體中文
防災・消防

風水害に備えましょう

平成29年6月6日、九州の梅雨入りが発表されました。 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。各家庭や地域で集中豪雨、台風などの正しい知識を身に付け、事前の対策を行い、被害を最小限に抑えましょう。

日頃の対策

  1. 非常持ち出し品を準備しましょう。
  2. ハザードマップ等で、危険箇所や避難場所を確認しましょう。
  3. 屋外に置いている物が、風に飛ばされないよう固定されているか確認しましょう。

局地的大雨や集中豪雨への注意

近年は、「局地的大雨」・「集中豪雨」などによって引き起こされる災害も増えています。次のような場所は、急激に水が流れ込んだり、増水したりして危険です。少しでも異常を感じたら避難しましょう。

  1. 住居の地下室、地下ガレージ
  2. 道路のアンダーパス(掘り下げ式になっている道路)
  3. 用水路

風水害対策の大切な3つのポイント

  1. 早い時期からテレビ・ラジオなどから正確な気象情報を収集しましょう。
  2. むやみに外出しない。外出時は早めに帰宅しましょう。
  3. 洪水や土砂災害の危険が予測される地域で、避難に関する情報があったとき、または災害が切迫し危険を感じたときは速やかに避難しましょう。

※ ただし、大雨や浸水の中での避難は大変危険です。自宅の高い階に避難したり、その場に留まったほうが安全な場合もあります。周りの状況を慎重に判断して、行動しましょう。

関連リンク

お問い合わせ

防災危機管理課 

〒874-8511 別府市上野口町1番15号 (市庁舎2F)

電話:0977-21-2255

Eメール:crm-pf@city.beppu.lg.jp

情報を探す
サイト内を検索する
お問い合わせはこちら
別府市役所 TEL. 0977-21-1111
ページの先頭に戻るTo the top of pageページの先頭に戻る